最高の走行性と乗り心地、そして使い勝手でおすすめなベビーカー「ピジョン ランフィリノン」にインタビューしてみた

子育て

ベビーカー市場。それは赤ちゃんグッズにおける混戦の市場。

休日にアカチャンホンポに足を運べば、【出産前のご夫婦】から【乳児を抱いたご家族】がずらりと並べられたベビーカーの前を参列されています。

そしてみんな「どんなベビーカーにしようかしら」と財布から7万円ほどの軍資金をチラつかせ、目を輝かせる。。。

そんなベビーカーの中で、超激戦区なジャンルがあります。

それがAB型オート4輪タイプ。

ここでコンビ、アップリカ、ピジョンは毎年バチバチと火花を散らしながら、市場の奪い合いを繰り広げます。

しかしその軍配は大体がコンビかアップリカ。

ピジョンは万年3番手になってしまっています。。。(アカチャンホンポには、よく「人気No,3!」の皮肉な貼り紙が、、、)

そんなピジョン。何故3位になってしまっているのでしょうか?

・シングルタイヤって何がいいの?

・他者との違いは?取り回しが良いとは聞いたけど。。。

・シートが安っぽいけど大丈夫?

3位の理由を考えるとこんなところでしょうか。。。

でも詳しいところはわかりませんね。

そこで!今日はピジョンのAB型オート4輪ベビーカー「ランフィ リノン」さんにインタビューする機会をいただきました!

きっとご本人さんが一番【他社との差】【自身の自慢】をリアルに語っていただけるはずです!

それでは参りましょう!

ランフィリノンについて

ペイント
ペイント

今日はランフィ リノンさん(以後ランフィさん)にお越しいただきました!

ランフィさん、よろしくお願いいたします。

ランフィ
ランフィ

よろしくお願いいたします。

ペイント
ペイント

早速ですがランフィンさん。

万年3位についてどうお考えですか?

ランフィ
ランフィ

第一印象が悪いんです、私。

特にコンビやアップリカに比べてデザイン(色使い)がダサい。。。

写真ではわかりにくいですが、こんな感じです。

コンビは小さくて可愛らしく、アップリカは色使いがカッコいい。

私は、、、地味な色使いで、全体的にごっつい感じです。。

ランフィ
ランフィ

あと、私の良さが伝わっていない。そんな気がします。

コンビの【スゴカル】だけにある取手の角度調節機能も

アカチャンホンポ使用の【ランフィリノン】であればついていますし。。

ペイント
ペイント

ほう。確かに【スゴカル】にだけある角度調節機能がランフィリノンにはありますね。

では、あとはランフィさん「良さ」が伝われば良いと?

ランフィ
ランフィ

そう言うことになります。

でもなんかこう、伝わりづらいんですよ。私の良いところ。

やっぱり皆さん見た目で9割くらい決めてるんじゃないかな。

ペイント
ペイント

なるほど、では私だけにでも語ってもらえないですか?

ランフィさんの「良いところ」。

ヨーロッパ譲りの大口径シングルタイヤ

ランフィ
ランフィ

いいんですか?ではお言葉に甘えて、、、。

まず、「大口径シングルタイヤ」が私の誇れる特徴です。

ペイント
ペイント

確かに。でもタイヤは数が多いほど安定しているように見えますが、、、

その点はシングルタイヤであると何が良いんですか?

ランフィ
ランフィ

圧倒的な操作性、走破性です。

つまりママパパにとってノンストレスなんです。

その最高の操作性と走破性は「抵抗が少ないから」

シングルタイヤ。それはヨーロッパのベビーカー市場では主流のタイヤです。

ヨーロッパの街並みといえば、どのような風景を思い描きますか?

そうですよね!下の写真のような石畳の道ですよね!

つまりは超絶凸凹。ガッタンガッタンです。

そんな道でベビーカーを引いてお散歩するのは至難の業。

ベビーカーを使用されている方にはお馴染みの「歩道と車道との間の段差2cmで足を取られる」現象が多発します。

そんなヨーロッパでは大経口シングルタイヤが主流です。

なぜか?それは

・地面との接地面積が少なく、抵抗が少ない

・大経口だと力が伝わりやすい

からです。

シングルタイヤの良い例は「大型トラックと自衛隊の車の違い」です。

大型トラックはダブルタイヤが採用されています。これは平坦な道を安定に走るためです。

タイヤと地面の接地面積が多いと、乗り物は安定して走れるためですね。走破性は犠牲にしています。

画像参照:https://www.isuzu.co.jp/product/giga/lineup/tractor/

一方、自衛隊の車は大経口シングルタイヤが大半です。

これは、トラックに比べ悪路路を走破しないといけないためです。理由は上記に述べたとおり、抵抗が少なく、かつ力が伝わりやすいのが理由です。

画像参照:https://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/ve/index.html

つまり、大経口シングルタイヤはガタガタ道でも余裕の走行性能を見せてくれるのです!

ペイント
ペイント

ちょとオーバーな例えですがよく分かりました。

そういえばコンビの【スゴカル】は前輪だけがシングルタイヤですが、

やっぱり走行性を考えた上の設計なのでしょうかね?

ランフィ
ランフィ

きっとそうだと思います。

お子さんが大きくなった時に走行性がよくする戦法ですね。

ですが、私はさらに最高の走行性を実現するために

高い剛性のボディも持っているんですよ!

最強の安定性を持ったボディ

ペイント
ペイント

剛性?

剛性って「ガッチリしているかどうか」みたいなことですよね?

ランフィ
ランフィ

そうです!私の体、ボディは他のベビーカーよりガッチリしているんです!

理由は骨格のつなぎ目が溶接で接合されているからです。

画像参考:https://pigeon-htravel.com/runfee/
ペイント
ペイント

あ、ほんとだ。公式HPでも紹介されているんですね!

どうりで安定感のある操作感だと思った。

他社さんに比べて、ボディは一切「がたつき」がないですもんね。

でしょ?でもこんなマニアックな点、皆さんに伝わりにくいんですよ!全く!

ちなみに、コンビはネジ止め、アップリカは部分的に溶接です。

一方で私はほとんどが溶接!コストかかってるんですよ。

ペイント
ペイント

でも、こう、、なんか。

ガッチリしている分、地面の凹凸の衝撃をモロに赤ちゃんが受けちゃいませんか?

いい質問ですね。

確かに衝撃は吸収できません、が!

他のパーツでその弱点を補っていて、赤ちゃんにファーストクラス級の寝心地を提供しています。

赤ちゃんにファーストクラスを

ランフィは総合力で「走行性の良さ」と「赤ちゃんへの快適性」を両立しています。

まずはこちらの写真をご覧ください。

画像参照:ランフィ公式HP https://pigeon-htravel.com/runfee/、アカチャンホンポ:https://www.akachan.jp

どうでしょうか、ボディ剛性が高く、地面の振動を受けやすい。

徹底した振動低減策(足回り)とシートのクッション構造で赤ちゃんを振動から守ります。

ペイント
ペイント

こんなにも見えないところで、こだわっているんですね。

どうりでうちの娘も一瞬で眠りに落ちるわけです。

ランフィ
ランフィ

私は見えないところで金がかかっているんです。

だからこそ、見た目が他社さんより劣ってしまった。。

それだけですよ。。

ペイント
ペイント

それだけ…とは違う気がしますね。

だってコンビの【スゴカル】やアップリカの【ラクーナクッション】ではシートの上に贅沢にクッションがあるじゃないですか。

それがランフィには無い、、、この点で負けてません?

ランフィ
ランフィ

いい質問ですね。待ってましたよ、そういうの。

過剰なクッションは不要なんですよ、私には。

だって圧倒的な振動対策が足回りやシートにありますからね。

一方でシートの透湿性が高く、それを最大限に生かせるんです。

画像参考:Teijin http://www.elk-fiber.net/elk/technology.html アカチャンホンポ:https://www.akachan.jp
ペイント
ペイント

なるほど。シートの性能をフルに生かせるということですね。

ランフィも頭と腰にクッションはありますし

ボディとかの性能を考えると赤ちゃんは超快適ということですね。

ランフィ
ランフィ

分かっていただけて光栄です。

赤ちゃんにはファーストクラス級の快適性を

提供しているんです。

赤ちゃん、そしてパパママにも快適を

ペイント
ペイント

あとあれですよね。

手すりのクッション。あれ以外に快適ですね。

そこまで蒸れないですし、クッション性があって

ママパパの手が痛くならない。

ランフィ
ランフィ

お気づきでしたか。

手すり部分をここまで気遣っているのは

ランフィだけなんですよ。

画像参照:ランフィ公式HP https://pigeon-htravel.com/runfee/、アカチャンホンポ:https://www.akachan.jp
ペイント
ペイント

こりゃ参ったな。

安定した走行性と取手のクッション。

どちらかと言うと

使用するママパパのこと思いの設計ですね。

ランフィ
ランフィ

赤ちゃんのことは当たり前、

ママパパにも快適なベビーカー。

それが私なのです。ランフィなのです。

ランフィさんありがとうございました。

今回は業界3位のランフィさんにインタビューを受けていただきました。

どうやら、ダサめなデザインとは裏腹に、他社よりママパパのことを想った設計で優れているベビーカーのようです。

車メーカーで例えるならスバルといったところでしょうか。。

皆さんも「ベビーカーを押すのわ私たちなんだから、私たちに使いやすいものであるべきよ!」と言う方は、是非ランフィをご検討いただければと思います。

取手角度が自由に変えられる仕様は、アカチャンホンポだけですので、まずはこちらでご検討をお勧めします。

(下記の画像をクリックしてもラインナップを見れます)

アカチャンホンポ ランフィリノン ラインナップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました